先生方紹介

正指揮者 佐藤正浩

東京藝術大学音楽学部声楽科卒業。ジュリアード音楽院ピアノ伴奏科修士課程修了。

1992年、サンフランシスコ・オペラのオーディションに合格、専属ピアニストとして研鑽を積む。1995年、ケント・ナガノ氏の招きでリヨン国立歌劇場の首席コレペティトールに就任し、2つの世界初演を含む20を超える作品の公演に参加し、多くの指揮者、歌手から絶大な信頼を得る。以降、ナガノ氏、ゲルギエフ氏、チョン・ミンフン氏他のアシスタントとして、パリ・シャトレ座、ラヴェンナ音楽祭、ウィーン芸術週間などで活躍。同時に指揮者として活動を開始し1999年、イギリス・ダーティントン音楽祭で「イドメネオ」を指揮しデビュー。翌2000年には再び同音楽祭に招かれ「ナクソス島のアリアドネ」を指揮したほか、新国立劇場で「オルフェオとエウリディーチェ」を指揮し日本デビューを果たし、一躍脚光を浴びる。

その後も日生劇場「カルメン」、新国立劇場「トスカ」、藤原歌劇団「愛の妙薬」、東京オペラプロデュース「放蕩者のなりゆき」、いずみホール「ランスへの旅」等を指揮し注目を集める。2008年から和光市にてヴェルディ・プロジェクトを開始し、第一作目の「ナブッコ」で三菱UFJ信託音楽賞を受賞、東京室内歌劇場「人間の声」「マノンの肖像」、ひろしまオペラルネッサンス「カルメル会修道女の対話」「カルメン」、東京芸術劇場「ドン・カルロス」(仏語版日本初演)「サムソンとデリラ」など、フランスオペラの指揮に対する評価は高い。

2012年、白虎隊をテーマにしたオペラ「白虎」(宮本益光台本/加藤昌則作曲)を会津若松で初演し佐川吉男音楽賞を受賞した。これは2018年に再演される予定である。昨年は藤原歌劇団「仮面舞踏会」を、今年は同団「椿姫」を指揮し高い評価を得、そして来年は「セビリアの理髪師」が予定されている。2018年には「真珠採り」を東京芸術劇場で上演する。

これまでに読売日本交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団、東京交響楽団、オーケストラ・アンサンブル金沢、大阪センチュリー交響楽団等を指揮。また、自身の主催するオーケストラ、Orchestre ”Les Champs-Lyrics”を設立し活動している。愛知県立芸術大学非常勤講師。

ヴォイストレーナー 小貫岩夫

同志社大学神学部卒業後、大阪音楽大学卒業。

同志社時代は同志社グリークラブに所属しソリストとして一時代を築いた。音大在学中の95年「魔笛」タミーノ役に抜擢され、テオ・アダムと共演しデビュー。この成功により翌年、ケムニッツ市立歌劇場(ドイツ)に招聘出演し地元紙より好評を得る。文化庁オペラ研修所第11期修了。98年度文化庁派遣でミラノへ留学。帰国後数々のコンクールで優勝・入選し、二期会、新国立劇場を中心に活躍。07/10年二期会「魔笛」タミーノ役(実相寺昭雄演出)、11年佐渡裕プロデュース「こうもり」アルフレード役などで喝采を浴びた。近年は立て続けに二期会のオペレッタで主役を歌い、なくてはならない存在となっている。

コンサートでも、主要オケとの共演で高い評価を得ている他、テレビ・ラジオにも度々出演。2010年から毎年、東京と大阪でリサイタルを開催し好評を得ているほか、紀尾井ホールでは様々な楽器やダンス、役者と共演し、新しい形のリサイタルを定期的に行っている。2013年天皇皇后両陛下御親覧の舞踏会で演奏しお言葉を賜る他、フィレンツェではイタリア元首相夫妻主催のコンサートに招かれた。合唱団の指導者としては関西学院グリークラブ、慶應義塾ワグネル・ソサィエティー男声合唱団、立教大学グリークラブ男声、同志社グリークラブOBシンガーズ(DOBS)、東京アカデミー合唱団などのボイストレーナー、また大阪外国語大学グリークラブOB(東京)の指揮者として活躍している。二期会会員。

桂冠指揮者 畑中良輔 (故)

畑中良輔先生は去る5月24日急逝されました。先生の52年に及ぶワグネルへのご指導に深謝すると共に、心からご冥福をお祈り申し上げます。

 東京音楽学校卒業。宮廷歌手ヘルマン・ヴーパーヘニヒ博士に師事。リリックな声を持ち、その音楽的解釈力の深さと卓越した演技力は、デビュー当時より高い評価を受けてきた。特にオペラではモーツァルト歌手として第一線に立ち、「魔笛」のパパゲーノ、「フィガロの結婚」のフィガロをはじめ、モーツァルトのオペラの本邦初演の主役のすべてをつとめた。イタリア、フランス・オペラでは、世界の名歌手、タリアヴィーニと「ボエーム」「ウェルテル」、ゲルハルト・ヒュッシュと「ドン・ジョヴァンニ」などを共演し、オペラ上演史に輝かしい記録を残した。歌曲ではドイツ歌曲・日本歌曲に造詣深く、特に日本歌曲のプログラムで全国縦断連続リサイタルを行い、啓蒙の役割を果たしたことは特筆に価する。又作曲の面では抒情的な歌曲作品が多く、「畑中良輔歌曲集」が全音楽譜より出版されている。評論の面では45年にわたり朝日新聞の音楽評を書き続け、「演奏家的演奏論」「演奏の風景」「音楽少年誕生物語」「音楽青年誕生物語」などの著書がある。演奏家としては最近これまでの録音を集大成した「歌の翼に・畑中良輔」のCDが日本ビクターから発売された。また、教育者としては弟子の多くのすぐれた声楽家が、日本はもとよりヨーロッパでも第一線の歌手として活躍している。全日本合唱教育研究会会長、日本音楽コンクール運営委員をはじめ、多くの役職をつとめ、旧文部省の教育課程審議会の重責をも担ってきた。

東京藝術大学名誉教授、慶應義塾大学特選塾員、初代新国立劇場芸術監督、藤沢市民会館文化担当参与、水戸芸術館音楽部門芸術総監督、昭和60年紫綬褒章受章、平成2年毎日芸術特別賞受賞、平成6年勲三等旭日中綬章受章、平成9年モービル音楽賞受賞、平成11年神奈川文化賞受章、平成12年文化功労者顕彰、平成18年日本芸術院賞、恩賜賞受賞。近著「オペラ歌手誕生物語」は「日本エッセイストクラブ賞」を受賞した。